正常な運転ができないケース

自動車保険に加入していたとしても、保険金が支払われない場合があります。正常な判断ができない状態で運転をしているときに、事故を起こしてしまった場合です。主なケースは無免許運転、飲酒運転、そして麻薬所持または使用です。免許を携帯しながらの運転は法律で定められていますので、当然保険金が支払われる対象から外れます。運転経験の優劣は関係ありませんので、乗車する前には免許を携帯しているかについて確認をすると防止が可能です。飲酒運転は、免許の無所持以上に罪が重いです。その事実が発覚しなければ問題がないのではありません。各メディアや警察官が飲酒運転の危険性を周知徹底させる努力を続けていますので、決まりを破る意味を知る人は少なくないです。にもかかわらず酒帯状態で運転をすれば保険金が支払われる以前に、免許証を返納する罰則があります。最後は麻薬の所持、または使用中に発生した事故です。時代の流れによって麻薬の扱いは変化していますが、少なくとも現行の国内の法律では所持も使用も禁止されています。法律違反をしている事実があれば、保険金が支払われる可能性はゼロです。どれも正常な運転が難しいと判断できる状態ですので、保険金が支払われません。

コメントは受け付けていません。