無保険車傷害保険に加入すると得られる安心

自動車事故はいつ起きるかわからない恐ろしいものですが、ほとんどの車は保険に入っているので、もし事故の被害者になってケガをした場合でも、相手の保険から十分な補償が受けられるものとつい考えがちです。
しかしながら、実際には自動車保険の任意保険が付いていない車が公道を走っているケースも少なくはなく、全体の10パーセントから20パーセントがこうした無保険車に該当するといわれています。
また、すべての車やバイクなどには自賠責保険を付けるように法令によって定められており、事故の被害者となった場合でも、少なくともこの自賠責保険金だけは受け取ることができるというのも事実ですが、その保険金は単なるケガであれば120万円までが上限で、後遺障害は最高4,000万円、死亡は3,000万円が上限となっているため、それ以上の金額が必要になったとしてもいっさい支払われません。
そこで、無保険車との事故により死亡や後遺障害などの損害が生じた場合に備えて、無保険車傷害保険というものに加入しておくと、さらに多くの補償が受けられるので安心です。
この無保険車傷害保険では、任意保険に入っていない車との事故による損害のほかにも、当て逃げなどで相手が特定困難な事故による損害にも対応することができます。

コメントは受け付けていません。