故意による事故における保険の扱いについて

車を運転中の事故は、どれだけ気を付けていても絶対に起こらないといえるものではありません。しかし、その中には運転者が故意に起こす事故という物もあります。
例えば、誰かに対して殺意を持って車をぶつけたり、保険金目当てであったりということです。
このような場合は、殺人や保険金詐欺となりますので刑事事件の対象となり、当たり前ですが保険が適用されることは絶対にありません。
また本人はわざとではないと思っているケースとしては、病気で運転を禁止されているのにそれを無視して運転をしたり、飲酒や薬物、危険ドラッグなどを摂取して運転をするといったケースがあります。
特に前者の場合は本人的には問題がないと思っていることが多いのですが、保険会社から見ればこれもまたわざと起こしたと判断されます。
では、こうした事故に対して保険はどのように扱われるのかというと、基本的に適用されることはないといえます。
なぜなら、どのような自動車保険にも免責事由というものが設けられており、これらのケースでは保険金の支払いは認められていないからです。
ただし、対人賠償保険などは被害者の救済が目的の保険となっていますので、このような場合でも適用されることとなります。

コメントは受け付けていません。