保険未加入車との事故で搭乗者が死傷した場合は?

自動車事故による加害行為があった場合、加害者が損害賠償を負担する責任があるというのが原則ですが、実際には相手に損害賠償を負担するだけの能力がないため、期待した損害賠償が得られないということもないわけではありません。
例えば、事故の相手が任意保険の未加入車であったような場合については、いちおう自賠責保険の保険金だけは支払ってもらうことができますが、国の法令にもとづく限度額が全国一律であらかじめ定められているために、保険会社との交渉で保険金が増額になるということはまずあり得ません。
こうした相手からの補償が不十分なケースであっても、相手になりかわって保険金を支払ってくれるタイプの保険が、無保険車傷害保険と呼ばれているものです。
この保険に加入していれば、死傷した搭乗者1人ごとに保険金額を上限として保険金が支払われるため、たとえ相手が無保険車であったとしても安心です。
ただし、この保険は搭乗者死傷のなかでも死亡と後遺障害という狭い範囲に補償が限定されていますので、もしこれよりも広い範囲の補償が必要だと考えるのであれば、人身傷害保険や搭乗者傷害保険という別のタイプの保険も契約しておいたほうが無難です。

コメントは受け付けていません。