保険金が支払われない場合

自動車保険にはさまざまな種類がありますので、同じ事故であったとしても、加入している保険の種類によっては、補償が受けられる場合とそうでない場合とに分かれることになりますので、契約の際には約款をよく読むなどしてあらかじめ注意しておく必要があります。
任意保険に加入していない車との事故で死亡または後遺障害のような被害があった場合について適用される無保険車傷害保険は代表的なもので、一見すると相手に損害賠償金を負担する能力がないときであっても補償が受けられるので便利なものですが、あくまで死亡または後遺障害に適用条件が限られていますので、事故による被害が完治するケガにとどまるようであれば、保険金は支払われないことになっています。
死亡や後遺障害というのは事故のなかでもかなり稀なケースですので、一般的な事故にともなう切り傷や骨折、やけど、ムチ打ちなどを治療するのにお金が必要になったとしても、無保険車傷害保険ではいっさいお金を受け取ることができず、かなり不都合が生じます。
このようなケースでも対応できるようにするためには、別に人身傷害保険や搭乗者傷害保険といったタイプの保険を、あわせて契約しておく必要があります。

コメントは受け付けていません。