当て逃げなど相手が不明の場合の補償は?

無保険車傷害保険は、自動車事故の相手方が自動車保険に加入しておらず、加害者からの損害賠償金が得られない場合に備えて加入しておく保険です。
こうした事情のある事故で死亡したり、または後遺障害を負った場合に、本当であれば加害者が負担しなければならない損害賠償額から自賠責保険による保険金の金額を超過した部分に対して保険金が支払われます。
相手方が自賠責保険には加入しており、いくらかの保険金が出たとしても、実際の損害賠償額にはまったく足りない場合についても、この保険に加入していれば、その足りない金額を補てんしてもらうことが可能です。
いっぽう、自動車事故のなかには、当て逃げのように相手方が身元不明で、損害賠償を請求しようにもそれが物理的にできないという場合があります。
このような場合、相手方が無保険車であるという定義にはあてはまりませんが、無保険車傷害保険で対応することは十分に可能で、契約中の対人賠償保険の保険金額か、対人無制限の場合には2億円までを上限として、保険金が支払われることになります。
また、自賠責保険からの保険金にあたる部分については、自動車損害賠償保障事業に請求することにより、ほぼ同じ程度の金額の支払いを受けることができます。

コメントは受け付けていません。