相手の保険で損害賠償額に足りない場合の不足分を補償

無保険車傷害保険は、事故に遭った際の相手が無保険車に該当する場合に保険金が支払われることを内容としている保険です。
事故を起こせば加害者である相手が加入している自動車保険から保険金が支払われるのが普通ですが、無保険車の場合、法律上の損害賠償義務があるからといって、いくら損害賠償を請求したところで、相手にお金がない以上は支払われることがありません。そこで、この無保険車傷害保険から、相手に代わって保険金を受け取ることになります。
保険金の金額は、自己名義で契約中の対人賠償責任保険で支払われる金額が上限というのが原則です。ただし、保険金が支払われるのは、こうした事故で死亡または後遺障害という被害があった場合に限られています。
無保険車傷害保険でいう「無保険車」の定義は、一般的に保険に未加入の車のみを指しているものと誤解されがちですが、実はそれよりももっと幅広い概念です。例えば、相手の車が何らかの自動車保険に加入してはいたものの、年齢特約などに抵触して、十分な保険金が下りないといった場合にも適用されます。このような場合には、実際に算定された損害賠償額に足りない不足分について、補償を受けることができます。

コメントは受け付けていません。