無保険車傷害保険はこんなときに役立つ!

無保険車傷害保険は、事故を起こした際の相手の車が任意保険に加入していなかった場合などについて、必要な補償が受けられるようにするための保険です。
わが国では法律にもとづきすべての車に自賠責保険への加入が義務付けられていますので、被害に遭ったとしても自賠責保険からの保険金は最低限受け取ることは可能ですが、事故による後遺障害が残り常時介護が必要となる最重度のケースでも保険金の限度額は4,000万円まで、死亡の場合で3,000万円までとなっています。
実際にはこの自賠責保険からの保険金だけでは少なすぎて、治療費などをまかなうことができないといったケースもありますので、この保険に加入していれば、そうした不足分を補うことができます。
この保険は、いちいち別途契約を結ぶ手続きをしなくても、一般的な自動車保険にははじめからセットされていることが多くみられますので、現在加入中の自動車保険の内容を一度あらためて確認してみるのがよいでしょう。
なお、この保険はあくまでも死亡と後遺障害が対象であり、一般的なケガにとどまる場合には適用されませんので、補償内容に不安がある場合は搭乗者傷害保険や人身傷害保険などの別の保険にも加入しておいたほうがよいといえます。